日常生活を快適に過ごすには防音対策は欠かせません

###Site Name###

騒音に関してのトラブルは多いです。
近隣住民との関係を良好にするためにも、自分自身のためにも、内外ともに防音対策をすることは大事といえます。

そのための防音グッズがいくつか存在しますので、紹介します。

防音シートは、本格的なものから手軽にできるものまで幅広くあります。
部屋の天井、壁、床に施工でき、音の漏れや侵入を防ぎ、音の伝達も軽減させます。

シートにはいくつか種類があります。

軟質シートを素材として、切断や折り曲げが容易にでき、張り付き易いように表面を加工されているもの。軽量化に特化し、窓や壁に直接貼り付けるだけの簡単な施工で済む、取り扱いに優れたもの。

ご家庭で簡単に出来るタイプです。

鉛のシートや石膏ボードなど重たいものは、極めて高い遮音性がありますが、個人で取り扱うのは困難なので、業者に工事を頼むことになるでしょう。


自分の部屋の規模、または用途に合わせて、シートを使い分ける必要があります。

多性能カーテンは、生地の裏に樹皮コーティングも含めて多重に重ねた構造になっており、内外に渡り効果があります。

電車や飛行機、ピアノといった高音域に対して優れた遮音性があります。

また、遮光性にも優れます。
断熱効果もあり、夏場での部屋の温度を下げる効果があり、省エネにもなります。


カーテンで防音性を高めるには、窓面を生地で完全に覆ってしまうことが大切なので、窓の大きさに合わせたカーテンを選ぶようにしてください。

防音ガラスには、いくつかの種類があり、どの周波数の音を防ぎ易いかは、ガラスの種類によって異なります。
得意な周波数もあれば、苦手な周波数もあるのです。

これを事前に知っておかないと、せっかく防音ガラスを張ったのに、苦手としている音が全然遮音できていないと不満を感じることになります。

どのタイプの周波数を遮音したいのか、それに合う防音ガラスはどの種類なのか、十分に調べてから選ぶようにしてください。

防音ガラスに入れ替えても、サッシから音が漏れていると意味がありません。窓から侵入する騒音は、窓ガラスから伝わるものよりも、サッシの隙間からのケースが多いからです。

防音サッシを組み合わせることで非常に高い効果が得られます。

一軒家ならまだいいのですが、人口が密集する都市部の集合住宅で楽器や歌の練習をしようとすると、どうしても防音工事が必要になります。
特にプロフェッショナルな演奏家にとっては防音は死活問題です。

楽器メーカーや専門業者が、そうした工事を請け負ってくれます。

原理的に言うと、大きな音を完全にシャットアウトするというのはほとんど不可能といってもいいのですが、なるべくそれを小さく、そして耳障りでないような形で外に出すのが防音工事のポイントになります。

音は振動によって伝わります。

防音に最も効果的なのは、部屋の壁を外壁から浮かせて空気の層を作る方法ですが、これは耐久性などの点で難しさがあり、そのぶん工事費用もかさむことになります。浮かせる代わりに吸音材などを挟み込む方法もありますが、やはり防音効果は少し落ちます。


部屋じたいの響きを吸音材で吸い取る方法もありますが、こうすると練習室内の響きがデッドになってしまい、楽器練習には支障を来すことになるため、プロフェッショナルユースの場合にはあまり勧められません。
同様に、楽器じたいの音を止めてしまう方法も、アマチュアの間ではよく行われますが、本来的にはあまり良い方法ではないといえるでしょう。
防音のもうひとつのポイントは、隙間をなくすことです。

密閉した部屋といっても、入り口のドアや窓などの隙間から音が漏れていってしまうのです。


このため、特殊な防音加工をしたドアやサッシを、できれば二重に取り付けることで、外に漏れる音をだいぶ減らすことができます。
最後に、近隣住民とのトラブルを防ぐのは、音を出す本人の意識によるところが大きいのはもちろんです。

日頃から近所づきあいをして周囲の理解を深め、また自分でも夜間に全力での練習はなるべく控えるなど、ちょっとした心配りでトラブルの発生率は格段に下がります。こうした取り組みこそ、どんなに完全な防音工事よりも効果があるといえるでしょう。


http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1221/sgk_151221_0220559909.html
http://girlschannel.net/topics/698199/
http://getnews.jp/archives/918129

アルミサッシの便利な情報を集めたサイトです。

建設の落札が気になる方に必見の情報です。

トステムサッシで快適な暮らしを実現しましょう。

大崎の会議室に関してわかりやすく説明しております。

五反田の会議室をご紹介します。